株式会社ミレックスジャパン 代表取締役 松村様

株式会社ミレックスジャパン 勝沼ブルーワイン

「勝沼生まれの生ワイン」で知られるワイン本来の自然なおいしさに拘り、オリジナリティ溢れる商品の開発企画販売を行なっている株式会社ミレックスジャパンの松村社長様にモンドセレクションにはじめて挑戦した経緯や反響などインタビューさせて頂きました。

受賞商品

  • 商品名  「勝沼ブルーワイン」
  • 商品特徴
    国産ナイアガラ葡萄と甲州葡萄を使用した、やや甘口の白ワインです。
    ボトルの状態でもグラスに注いでも、“幸せを呼ぶ”と云われる、幻想的な青い色が
    異次元の世界を感じさせます。国産であることに拘りました。
  • 受賞   2013年 銀賞

モンドセレクションの応募申請をご検討の際どのようなことでお悩みでしたか?


株式会社ミレックスジャパン勝沼ブルーワイン

  我々のような小さな組織でははたして「エントリー」できる

  コンテストなのか?まさに遠い世界のような話の印象がありました。


  世界の規格と我々の有する規格では到底大きな違いがあって

  無理ではないのか?そもそも、当社の商品が出品できるのかを、

  誰に相談したらよいのか?


  大手企業さんの出品評価の次元のお話ではとの印象をもちながら、

  本当に何からすれば?なにができるのか?と思っていました。

当社を知ったきっかけは?

  地元の社長様からモンドセレクション本部の方と密にコンタクトしながら進めてくださる

  公式エージェントの方がいると紹介していただきました。

当社を選んでいただいた理由は?

  ホームページなどを検索していたら、アシスト、代行、文書作成、出品相談、

  サンプルの事前分析検査の手配にいたるまで、たくさんの代行サポート企業がありましたが、

  最初にお会いしたときに、この方は食品、飲料の業務・職務にたずさわっている専門家」だと

  すぐにわかりましたのでお願いしました。

事前の相談から申請、審査、受賞まで、実際いかがでしたでしょうか?

  すべての流れや傾向など事前に説明してもらい、作成資料の内容もわかりやすく、

  私たちが商品の思いとして伝えたいことを的確な資料に作成いただき、きちんと

  内容の説明を丁寧にしてくれました

  費用についても、実費と国内での代行費用をオープンに明確な金額で御見積いただき、

  事前の説明とおりでした。

受賞後の反響と今後の展開について可能な範囲でお聞かせ下さい。

  はじめての受賞なので、これから本格的にメール、プレス、販促物で発信をしていきます。

  モンドセレクションの申請からラベル認証に至るまでのさまざまなストーリーを

  きっかけとして、売上アップに向けての宣伝やPRに活用できるのは、本当にうれしいし、

  強いものと感じています。

  自社でつくったラベルではなく、国際的な品評でのクオリティラベルですから。


 【以下2013年7月末インタビュー】

  今までも地元での販売、通信販売も展開してまいりましたが、

  モンドセレクションのクォリティーラベルを商品につけて、2013年度受賞のキャッチコピーで

  PR提案をおこなってから、全国規模での問い合わせが増えています。

  また、各地イベントでのお客様の注目度がこれまでと違い、お客様が商品を手にとって、

  お試しくださるお客様が、ほんと増えましたね。

お忙しい中、ありがとうございました。

※取材日時 2013年5月 ストックホルム受賞式にて

2015年受賞インタビュー ポルトガル・リスボン

2014年受賞インタビュー フランス・ボルドー

2013年受賞インタビュー スウェーデン・ストックホルム