化学的・物理的・生物的根拠

その商品が安全であるための一定の条件・根拠を説明し

「一定の条件を逸脱してしまうと、XXになります」という危害を明確化する必要がありますが

その条件・根拠としては、化学的・物理的・生物的なものがあります。

たとえば、

商品に使用している、ある化学物質が、100℃以上の環境では溶けてしまう

冷凍状態で365日以内は反応変化しないが、一度解凍され溶けてから
また凍結すると死活(機能しなくなる)し、商品の品質を維持安定させられません など

また、

  • 環境変化(振動、圧力など・・・)環境になると、割れる、破裂する
  • 保管温度帯
  • 時間がある期間を経過すると、腐敗してしまう(賞味期限・消費期限)
  • 原料の調理(加熱殺菌)1次、2次加熱の必要性

など様々なものがあります。