商品の表示内容や栄養評価の分析は、どのように審査評価されるのですか?

Q
商品の表示内容の審査や栄養評価の分析が実施されると聞いておりますが、どのように審査評価されるのですか?

A
商品の情報として、「わかりやすさ」、そして正しい保存、調理、喫食の「明確な説明」、商品の特徴など、近年採点の対象として注視されている傾向が強いと、受賞式でコメントがありました。

商品の分析については、それぞれ商品ごとに化学分析の専門メンバーにより、成分ならび栄養分析。ダイエット、サプリメントは栄養強調そして健康強調表示。仕様書やパッケージで記載されている有効成分の効用など、様々な要素を分析します。


表示評価の規制や衛生基準を満たしていても、栄養価の低い商品。また、栄養価が優れていても味覚が優れていない商品など、消費者の購買意欲を促進するに至らない商品が出品商品の一部に存在することも事実あるそうです。この点においては「商品の栄養と品質を総合的に分析評価」され評価の基準化されます。


また商品の評価には、物質自体の特性(化学的、細菌学的、味覚など)の分析だけではないようです。生産者が「どのような手段で消費者へ必要とする(される)情報を伝えているか」も考慮されます。これらをふまえて「商品の総合評価の結果」となります。